プロミスシンデレラ ネタバレ 3巻!壱成がついに告白?さらにキスまで?

私が読んだ『プロミス・シンデレラ』【3巻】(15話,16話,17話,18話,19話,20話,21話,22話)のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

壱成の祖母悦子(えつこ)の登場で、家に住むかわりに旅館で働く事になった早梅(はやめ)。

旅館で上手くやっていけるのか?そして、あの壱成(いっせい)がいきなり告白!?さらにキスまで!?

3巻も新たな展開が待っています。

スポンサーリンク

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(15話,16話,17話,18話)のあらすじ~パンツをおろせ!?~

旅館で働く事になった早梅(はやめ)だったが、「着付けを教えてあげる」と言って近づいてきた黒瀬(くろせ)セクハラをされてしまいます。

しかし、普通の女ではない早梅(はやめ)は、セクハラをしてきた黒瀬(くろせ)をぶん投げてしまいます。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

そこへ教育係の藤田(ふじた)さんが現れ、黒瀬は逃げて行ってしまいます。

そして、残った早梅は逆に「無防備さ」や「ペンやメモも持っていない仕事に対する姿勢」に注意を受けてしまいます。

初出勤で疲れて帰宅した早梅は、早速壱成(いっせい)に新たな「リアル人生ゲーム」を持ち掛けられます。

「転職」「祖母を追い出す」という無茶な条件を提示した壱成と、それに反発する早梅は口喧嘩となってしまいます。

そしてなぜか、そのどさくさに紛れて壱成は「その辺の男じゃ無理だぞ」「俺じゃなきゃムリだ!!と早梅に告白まがいのコトをしてしまいます。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

しかし、鈍感な早梅はこれが告白だとは思わず、不発に終わったのだった。

そして話は「早梅がちゃんと旅館で働いていけるのか」という話になり、

その流れから早梅が黒瀬からセクハラを受けた事を知った壱成は、新たなミッションを「黒瀬のパンツをおろす」に決定する。

早梅はこのミッションをしぶしぶ承諾し、黒瀬の調査をはじめるのだった…。

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(15話,16話,17話,18話)の感想(ネタバレあり)

いくら壱成(いっせい)がまだお子ちゃまだと言っても、「パンツをおろせ」は子供過ぎませんか?笑

しかも、早梅(はやめ)も承諾するんかい!!笑

ってな感じで始まったミッションでしたが、見事に失敗

逆に事情を知った黒瀬に、「仕返し」として嫉妬させられちゃった壱成君。

その嫉妬で火が付いた壱成は、早梅を迎えた帰り道でキスを迫りましたが、突然の電話でこれまた不発

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

これは惜しかったですね。

でも、さすがに鈍感な早梅も壱成のこの行動は気になっている様子でした。

なんだかんだ黒瀬兄さんいいアシストしてますね。

その後も早梅と黒瀬の存在が、壱成を変化させていくコトになります。

スポンサーリンク

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(19話,20話)のあらすじ~常連マダム「西園寺」~

黒瀬(くろせ)や壱成(いっせい)と仲良くしているところを他の女子社員に見られてしまっていた早梅(はやめ)は、女子社員達に呼び出されてしまいます。

そこへ偶然黒瀬が通りかかり、女子社員達は仕事に戻っていきます。

そのまま雑談をしていた黒瀬と早梅は藤田(ふじた)さんに注意されます。

そして、「常連の西園寺(さいおんじ)が来るから、くれぐれも失礼のないように」とクギをさされます。

そうこうしていると、高級外車で若い男を引き連れて現れた「若手男性俳優事務所の女社長」西園寺

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

常連マダム西園寺は、目当ての成吾不在知り、すぐさま不機嫌になります。

成吾(せいご)が不在で不機嫌な西園寺(さいおんじ)は、宴会場で旅館の男性陣一発芸などを要求するが、中途半端な芸に満足しない西園寺。

そんな西園寺の元に、先輩女子社員に騙された早梅(はやめ)が配膳をしにやってきます。

早速、「マナーがなっていない」と注意される早梅だったが、我慢します。

配膳を終えて帰ろうする早梅だったが、男性社員に対して説教が止まらない西園寺に対して、とうとう我慢出来なくなった早梅「お料理が冷めてしまいますので」と言って西園寺の話を遮ってしまいます。

何を言っても言い返してくる早梅に「生意気な娘ね」と言ってピリピリしだす西園寺。

バチバチな雰囲気になってきたその時、

「一人追加したいものがいるのですがよろしいでしょうか?」と言って悦子(えつこ)が連れて来たのは正装した壱成(いっせい)だった…。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(19話,20話)の感想(ネタバレあり)

あんな絵に書いたような若い男好きのわがままマダム。最悪!!

思いきや、本当はただのわがままマダムではなく、接客(おもてなしの心)に対して厳しいプロフェッショナルな考えの持ち主の様でしたね。

そして、そんなおもてなしのプロフェッショナルに気に入られた早梅。

さすがプロフェッショナル。見る目があります。

それにしても、壱成はここでも我慢ができずお子ちゃまぶりを発揮してしまいましたね。

逆に大人の余裕(色気)を見せつけ、うまく西園寺さんの相手をした黒瀬。たらしですがカッコいいです。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

このままでは黒瀬に完敗ですよ、壱成君!!

スポンサーリンク

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(21話,22話)のあらすじ~最後のゲーム!?~

西園寺(さいおんじ)の件もひと段落し、家に帰ってきた早梅(はやめ)。

相変わらず不機嫌な壱成(いっせい)にイライラし、言い合いをしてしまう。

すると壱成は「お前がここに来てからイラつくことばっかだよ」「もう疲れたわ」と言って「最後のゲーム」を提案する。

最後のゲームは「出ていくこと」で「220万」(残りの早梅の借金がチャラ)というものだった。

出典:『プロミス・シンデレラ』3巻

「本気で言ってるの?」と驚く早梅だったが、「お前がやりてぇならいいよ」とまだ煽(あお)ってくる壱成に「わかった」と寂し気に答え、家を出ていく。

早梅が出て行ったあと、「さっさと仲直りせい」と言って気に掛ける悦子(えつこ)に対しても悪態(あくたい)をつく壱成。

気を使ってお茶を出してきた吉寅(よしとら)にも暴言を吐く壱成に、悦子はビンタを食らわせ、「出ていけ」と壱成を家から追い出すのだった…。

『プロミス・シンデレラ』【3巻】(21話,22話)の感想(ネタバレあり)

完全に早梅(はやめ)に惚れてしまっている壱成(いっせい)ですが、それを悟られたくない壱成は嫉妬でモヤモヤ

さらに早梅の事も旅館の事(西園寺さんの対応)も、うまくいかずイライラする壱成。

色々上手くいかずイライラして、大切な人に当たってしまう壱成の気持ち、ちょっとわかります。

学生の頃は誰しもそんな経験があるのではないでしょうか。

家を飛び出した壱成は、雨の公園で友達にもホームレスにもお金をせがまれ自分の存在意義について悩んでしまいますね。

まさに「泣きっ面に蜂」ですね。壱成が立ち直れるか心配です。

スポンサーリンク

おわりに

どさくさに紛れた告白もキスも不発に終わった壱成(いっせい)。

やはり早梅(はやめ)への思いは強くなっている様で、黒瀬の存在に嫉妬を爆発させましたね。

嫉妬で早梅へ強く当たってしまうあたり、壱成もまだまだお子ちゃまですね。

家も友達も早梅も失ってしまい、絶望する壱成。

どうする壱成!!どうなるプロミスシンデレラ!!

物語は『プロミス・シンデレラ』【4巻】へと続きます!!

>>『プロミス・シンデレラ』【4巻】のあらすじ、ネタバレ、感想はこちら